July 20, 2020

この度 高崎髙島屋店での個展に際しましては

たくさんの皆さまに ご来場を頂き また

ご高覧を賜りまして ありがとうございました

今回は 丁度 新型コロナの感染が広がりつつある頃で

皆様にご案内をしておきながら

高崎市へ 行ってよいものか どうか

ぎりぎりまで悩み 迷いましたが

最終的に 私たちが 長時間の交通機関を乗り継いで

高崎市へ お邪魔することによって

高崎の皆様に もしかして コロナの感染を運ぶことになっては

取り返しがきかないことになるから・・・と

行くことを断念しました

高崎髙島屋さんには 数年おきに 10回近い 個展をさせていただいております...

July 20, 2020

甚大な被害を及ぼしている 今回の大雨

北部九州だけでなく 全国にその被害は

広がっているようです

また ひところ落ち着いたかに思えたコロナも

再び 関東を中心に広がりをみせています

このような時に 個展のお知らせで

申し訳ないのですが・・・・

すでに数年前からお話を頂き

作品の発表の場を与えていただける有難い機会でしたので

予定通り 開催させていただくことになりました

~涼やかな風を運ぶ 白磁・青磁の世界へ~

ー佳秀窯 西山 正 作陶展ー

<会期> 令和2年 7月8日(水)~14日(火)

<会場> 高崎髙島屋 5階アートギャラリー

お問い合わせ先 直通 TEL...

July 2, 2020

今日は 梅雨の晴れ間で 良いお天気に恵まれました

窯焚き日和でした

素焼きを入れてから この本窯まで

10日ほどかかりました

素焼きをあげて 

焼き物の表面についている不純物を ひとつ ひとつ濡れたさらしで

きれいに拭きあげます

釉薬を掛けます

 釉薬の流れた後を きれいに仕上げます

それから窯積みです

午後から積み始め 

天井まで積みましたが

素焼きで入れた作品 全部を入れることはできませんでした

窯積みも 焼き物どうし接触しないように 隙間を作って

高さや 幅を 考えながら 慎重に棚にのせていきます

半分ほど積み終えたころには 疲れもピークに達して

途...

June 23, 2020

今回は 作品の数が多く ここまでたどり着くまでに

随分時間がかかりました 

やっと 本日素焼きを入れることが出来ました

「写真を撮ります~」と 言ったら

ササっと かくれんぼです

 

使いやすくて 使ってて楽しんでもらえる器

飾って 盛って美しい作品を・・・と 直径や 深さ 縁取りなど

考える時間も大切でした

素焼きは このように作品を重ねて焼きますので 本窯と比べて

時間は短くて済みますが 全部入れてしまわないといけませんので

高さや 直径を考えながら 棚にのせる位置を考えながらになります

窯を焚きながら 本窯に必要な はまを 作り始めました

出来たものか...

June 14, 2020

今年も すっぽりと 梅雨の季節に入ったようです

ここのところ 初夏のような暑さが続いていたので

山の木々も 雨の恵みを得て 

元気に輝いて見えます

さて 工房では 静かな 雨音をBGMに

ポン ポン ポン・・・・

軽やかな音がきこえてきます

お花入れ全体を 薄く 軽く 削りが繰り返され

そのあとに 底が割れないように


 ポンポン ポンポン と たたき締めます

高台をしっかり 丈夫にする 大切な作業です

お庭に咲いたお花や お花屋で買ったお花を 

気に入ったお花入れに ちょっと 挿してみようかな~と

思う時があります

お花は 音楽や 絵画 と同じように

そっと...

June 7, 2020

昨日まで続いていた曇り空が すっきりと晴れて

今日は 爽やかな 青空が広がっています

Y様の奥様から頂いた 百合の種を

我が家の小さなプランターに蒔いたのが 数年前

その種が 毎年 この季節になると

たくさんの花をつけ 道行く人も 立ち止まって

楽しんでいかれるようになりました

このお花を見ては いつも 温かく 笑顔のやさしい 奥様のことを思い出します 

我が家にも お花が咲き始めています

やわらかで やさしい お花です

May 28, 2020

朝夕肌寒さを感じながらも

季節は 日ごと 夏に向かいはじめたようです

晴れやかな青空の下で ゆっくり 深呼吸してみると

なんとなく コロナもこのまま 収束してくれるような 

そんな 気持ちになってきたりします

工房も 日増しに 暑くなってきました

そろそろ 半袖出しといて・・・と

袖まくりなしで 作業のしやすい季節の到来です 

 今日も どんどん 削りの作業が 進んでいます

 削り粉が舞う毎日です

 有田の陶器市もwebになりましたけれど

 最近は Web上で ご注文頂く方も多くなり 桐箱を用意し  

 どんなおうちに お嫁入するのだろう・・・と 

 思いな...

May 7, 2020

青葉が キラキラと 眩しい季節になってきました

この度は 初めてとなる Web有田陶器市に たくさんの皆様に ご来店いただきまして ありがとうございました

今年 はじめての Web有田陶器市が開催され 私たちも参加させて頂きました

いつもの陶器市ですと 我が家は 陶器市の会場からは 少し 離れたところに工房があり

国道沿いではあっても この小さな工房は わかりにくいのかもわかりません

「陶器市には 毎年伺いますが 知りませんでした・・」と

おっしゃる お客様も多くいらっしゃって Web有田陶器市ならではの

新しい出会いもありがたいことでした

「私...

April 28, 2020

この町に陶器市が近づくと コンコン カチカチ

通りの軒下に 焼き物を並べる棚を作る 大工さんの作業の音が聴こえてくるのですが

今年の有田の町並みは さみしいほど静かです

コロナの感染拡大を防ぐために 恒例の有田陶器市は 無期延期という事になりました

わたしたちの命を守るために 懸命に医療に携わっていてくださっている方々

生活に必要な品々を 毎日店先で売ってくださっている方々

様々な形で 私たちは守られ 助けられて 支えられていることを実感する日々です

コロナウイルスに苦しめられ 恐怖や不安にさいなまれる日々ですが

笑いを届ける人 音楽を奏でる人 歌...

April 9, 2020

この長くて先の見えないトンネルは

いつまで続くのでしょうか・・・

不安や恐怖におびえる日々ですが

今年の桜は いつもより長く 私たちをやさしく見守ってくれているような気がします

窓から 小学校の工房横に植えられた桜が見えて ホッとします

昨日は 夫の幼馴染の てぃ坊ちゃんが 工房に寄ってくれて

「裏山で採れた たけのこだけど 食べる?」と

わざわざ 採れたての たけのこを湯がいて 持ってきてくれました

ありがたいです!

早速 夕飯は たけのこご飯にしました

この前の窯に入れた 新作の小丼によそおってみました

側面に 線の彫を入れた 小丼

わたしの料理下手を...

Please reload

最新記事

June 14, 2020

June 7, 2020

May 28, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.