夏の終わりに思うこと・・・

今日も 朝から雨模様です そろそろ 夏も終わりでしょうか・・・ この夏は 猛暑続きだったことに加え やっと仕事に慣れ始めてきた二女が まとまったお盆休みをもらって 帰郷したこともあって 思い切って 「私も 夏休みにします」と 独断で 家族に宣言し 夫も お盆の間は ろくろを休めましたので 久しぶりに ゆっくりした時間を過ごしました が、さて・・ いざ休むといっても 何をしようかと・・ 情けないことに あの暑さでは どこかに出かける 気力も 体力も なくて 毎日の炊事 掃除 洗濯は いつも通りとして お盆のお墓参りは 欠かせない予定 ならば・・・日頃 なかなかゆっくり読めない本を読みたい! 町の小さな図書館へ 行ってみました 何を読もうか・・いっぱい並んだ本棚の周りを上から下に 背表紙を見ているうちに グルグル 目が回り 頭もくらくらしてきます よし、ここは 読書家のMちゃんに聞くのが一番 これまでもMちゃんのお薦めに ハズレたことがない メールを入れると すぐに 返事が来て 5冊ほど その内の 2冊ほど図書館にある物を借りて 残りは 他所の図書館から 予約をして借りることにしました こんなに厚い本 2週間で返せるかな~と 心配しながら読み始めたものの 面白い! すっかりはまって・・ 数日で読み終え また 借りて・・ それを数回繰り返した頃には 係の方が 「いいですね、 読書ザンマイで・・」と ふふふ・・・確かにザンマイでした! 自分で決めた休みとはいえ・・休まずに働いている人はいるのだから 気がとがめるような気持も ちらり ほらり・・・ でも 自営で不定休の私には ありがたいお

彼岸花

この頃になると あぜ道や 川沿いに 真紅の彼岸花が いっぱい咲き誇って 緑一色の田舎の風景に 鮮やかな彩りを添えています 「暑さ寒さも彼岸まで」と 昔の人は良く言っていましたが この花が咲く頃には そろそろ夏から秋へと季節が移ろい 夕暮れの涼しい風や 秋の虫の音に たそがれを感じる頃になります アッ!そうそう 先日横浜のMちゃんから 「お墓参りに 行ってきました」の メールを頂き 気付いたのでした! 夫と私の両親のお墓参りを・・・ 甘いものも・・・ふふふ・・・大好きだったよね! お店で買ったものでごめんね・・エッ? そっちが良いって? 今日は おまけに 先日お呼ばれで戴いた カステラや 紅白のお饅頭も 大サービス! あんこだけかと思っていたら 近頃は こんなに 中身が お洒落になってました! ハートかな? ハイ! 私のおなかの中に しっかりおさまりました 馬?? こゆる秋・・・です!

想定内!

またもや 大型の台風でした 皆さまのお近くは 大丈夫だったでしょうか・・・ 北部九州は 台風の中心が わずかにそれて 目立った被害もなく きょうは スカッと晴れ渡った秋空の下で 遠く 黒髪山が くっきりと映る 一日になりました とはいっても 夜半の 雨音と 木々や家を揺らす暴風は すごく いつもなら ストンと 眠りにつく私でさえ 怖くて 深夜便のラジオのスイッチを入れて 凌いだものです 今日は 久しぶりに 初夏から秋にかけ 梨の収穫で 大忙しのY子さんと会った 「台風どうだった?」「梨は 大丈夫?」と 私がきくと 「うん、想定内よ!」と すらりと 答える 年間を通して 手入れをしてきたとしても その年の収穫は 虫や 台風や 日照など 自然の影響を強く受ける このくらいの風雨は 想定の範囲内だと 言うのだ 私たちの焼き物も 一緒だ 100個の注文に対し 130~140個は作らなければならない つくり 水ぶき 削り 仕上げ 素焼き 本焼き その過程の中で どんなに丁寧に 慎重に 一つ ひとつを 作り上げたにしても やはり とれない作品も当然出てくる それを想定して 確実に取るためには 必要な数になってくる それでも 本窯が上がって 扉を開いて 仕上がりを確認するまでは 気が抜けない時を過ごさなければならない 「お互いに 大変よね・・」と うなずきあい 「また ゆっくりなったら 会おうね・・」手を振りながら こればかりは 想定の範囲内に収まりそうにない予定かな~ 遠ざかる Y子さんの車を見送ったのでした さあ 私も 水ぶき頑張らなくちゃ・・・

とんぼ!

昼間は まだまだ 30度をこえる 夏の暑さが続いていますが 夜になると 窓から 鈴虫やコオロギなど 秋の虫の音が 涼しい風と共に 入ってくるようになりました 葉っぱの日傘の下からは 可愛いお花も顔を 出してきました 川沿いの 草むらには 素敵な装いの 黒トンボも・・・ こちら工房でも ろくろに目が回ったのか 竹トンボが ぴったり 止まっています 明日から 雨になりそうです これから ひと雨ごとに 秋が近づいて来るのでしょうか・・・

朝の陽ざし・・・

台風のわっかの中に すっぽり 入っているように思えて 電池の買い置きをたしかめ いつもより買い物客で混み合うスーパーに並んで 数日分 間に合わせの食料品を買い求めました 夫は せっせと 家の周りの鉢植えを片付け 風に飛びそうなものを 紐でくくます 土曜日の夕方には 町の防災無線で 「5日(月)は 町内の小・中学校は休校にします」のお知らせが 大きな音量で響き渡っていて 台風の近さを感じ ちょっと 身構えてしまう状況でした 今朝 目覚めてみると 雨も風もなく とても静かで いつものように 小鳥のさえずりが聴こえてきていて つくりかけの 酒杯に 朝の陽射しが ふりそそいでいます 屋根には 雨あともなく どうやって あの暴風雨を くぐりぬけたのだろうか 不思議でなりません きょうは また 夏の日差しが戻り 暑い一日になりました 鷺さんも 川で水浴びをして 気持ち良さそうです なんだか キツネにつままれたような数日でしたが 無事で過ごせたことを 感謝しなければなりません

酒杯の誕生

ジリジリとした夏が終わって しっとりとした秋に 移るには まだまだ いくつもの台風の試練を 受けなければならないのでしょうか 今度の台風は 急ぎ足で 九州に 近づいて来ているらしいのですが 今日は まだ 静かな雨音と共に 工房の窓からは 時折 やさしい風が 入って来ています 静かな雨音をききながら ぽっかり ぽっかりと 命を吹き込まれた 小さな酒杯が 輝きながら 生まれ出てきています 真夏の間は 乾燥が速まり 削りも おお急ぎの仕事になりますが これから 制作にも 良い季節になってきます 私の水ぶきも 忙しくなりそうです ときどきは 小さい秋を 見つけに てくてく ご一緒に お散歩に 出かけましょう・・・

最新記事
アーカイブ
    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.