只今本窯焼成中です!

只今 窯の温度は 約1200度 窯の通風孔から 炎が 吹き出ています 素焼きから 釉薬かけ 仕上げ と 本窯までの 作業は 延々続きます 一つ ひとつ 丁寧に点検しながら 仕上げていきます 昨日 その作業が終了し 夕方から 夫と窯積みを始めました 素焼きは 重ね焼きが出来るので どんどん積めますが 本窯は 作品同士が つかないように 離して 慎重に 時間をかけて 積み上げていきます 夫の 「ごくろうさん!」の 一声がかかって 厚い扉が閉じられたのは 朝の 5時でした それから 窯のまわりをきれいに掃除して 火が入ります その重い扉の向こうからも 激しい炎が 燃え上がります 1300度になるまで あと数時間 緊張の時が 続いています やっと 焼成が始まって ホッと 一息ついたころ プルルルル~~ 電話に出たら 百貨店からでした 「申し訳ないですけど あと 数セット 追加ですが 入ってますか?」 ご注文分の数割増しで 制作はしてますが あとは 神さまに おねがいするしかありません 「どうか 無事に 生まれてきてくれますように・・・」

素焼きの様子

桜の開花も間近になってきました なんとか昨年の夏に HPを新しく立ち上げ ブログを始めたものの あらら・・・写真が重なっている 文字が出てこない・・・オロオロ 専門家の方に ご指導を受けながら また落ちつくことが出来ました 不具合があり ごめいわくをおかけしました さて 遅ればせながら 振り返って 素焼きの様子を 写してみました 早朝から夜更けまで ぐるぐると 極限まで削り落された 生まれたての 花瓶や 花器 が 朝の陽ざしをあびて 美しく 浮かび上がっています その日の午後から  窯を積み始めました 夜更けの窯積みは 身体が冷え込み 手もかじかんできます 手が届かなくなる 天井近くなると 夫は椅子にのり 積み始め 私が 下から 作品を 「はい!」 「はい!」と 渡す役です 「もう少し もう少し・・・」 やっと 最後の棚板をのせて 「ごくろうさん!」 の夫の一言で 窯積みは終了です ご注文の品と 来月小倉井筒屋さんでの個展に向けて 新しい作品の数々が 入っています 昨日 早朝から 火を入れて 素焼きの始まりです 窯の中は 600度の炎に包まれています のぞき穴から そっと ごらんになって下さい 重なったお皿が ゆらゆらと 炎の中で 揺れているようです 素焼きの後は 釉薬かけ 仕上げと まだまだ 忙しい日々が つづきます・・・・

白磁花瓶の高台けずり

春らしい 爽やかな青空が広がり 春の陽気にさそわれて 近くまで ふらふらと 出かけました 木の枝に まるで 真珠を散りばめたように 白い木蓮の花が 咲いていました さて 工房に戻って 夫の仕事をのぞいてみます 今日は 花瓶の土台になる 高台の削りが始まっています これは 「ゆるけずり」といって やわらかいうちに 削ります いつものような削り粉ではなく このように くるくるっと 細いカールを作って 踊るように 削られていきます 高台が水平になるように 平らにして それから 花瓶に合わせた 高台を 削り出していきます この底の部分に 制作者の名を入れることになります 朝早くから 夜更けまで ろくろの音が 響いています・・・・

白磁花瓶の制作

季節は 行きつ戻りつ しながらも 少しずつ 春の暖が 感じられるようになりました 長い冬を越した 木々や 草花が 芽吹いてきています こちら工房でも 夫の手によって 土のかたまりから 新しい生命が 生まれ出ているようです いっぽんの親指から いのちが 吹き込まれます 我が家の 白磁の作品は 全て 厳選された特上の陶土を使っていますので ろくろの上で グ~~ンと 夫のこぶしは 力強く 深く 掘り下げられていきます 左手は外に 右手は内側から 上下に調整しながら まっすぐに 薄く たちあげていきます 口径は 小さく 絞っていきます はい! 横から見ると このように 白磁の花瓶が 生まれました サッサっと ご説明しましたが 時間を掛けて 作られて行きます 夫は ろくろをまわし続けて 43年になります その手で たくさんの作品に いのちを吹き込んできました 次回は 削りのご紹介をすることにします・・・

おひな祭り

梅の木の 林の中から 鶯の声が ちらり ほらり と きこえてくる季節になりました きょうは おひなさまのお祭り 夕方 買い物をしていたら 知り合いの奥さまが 「きょうは 娘に お菓子でも 買っていってあげようかな~」と 菱餅や 梅や 桃を かたどった お菓子を のぞき込んでいらっしゃいました 見ていたら わたしも 欲しくなりました ついでに 甘酒も 入れてみました ささやかな お楽しみだけど なんとなく 気持ちがうきうきしてくる ひな祭り 「ねえ お店に飾るから ちゃ ちゃ っと 描いてくれないかな」と 娘に頼んだら 和紙で花びらを丁寧に 貼り付けて 出来上がり! 「アラッ!」「 お雛様とお内裏様が 逆になっている・・・」 やはり 私の娘でした お二人も 笑ったお顔が 目に浮かびます さて おたのしみのお菓子は どれにしようかな・・・・

最新記事
アーカイブ
    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.