お彼岸の頃

いつの間にか 秋が近づき 川辺や 畦や 道端に 鮮やかな色をなして 彼岸花がさきみだれています 柿も 色づき始めました 昨年から ずっと 頭を悩ませていた 白内障の手術 遠くに 海の見えるところで 受けました 夫の仕事も 忙しい時期だったのですが 私は お休みをもらって 思いきって 受けることにしました 術後3日目退院し 迎えに来てくれた 夫の運転で 帰りました 遠くに 広がる 空と 海の 青の色が 鮮やかで とても 美しく見えました 遠くは 霞が晴れたように すっきり 見えるのに 手元は ぼんやりです どうしたことだろう・・・ なんだか がっかりしているところに どうしていらっしゃるかな~と 気になっていた Y県にお住いの N子さまから 可愛い カマキリのお写真が届きました! うふふふ・・・このカマキリさん 小さくて つぶらな瞳で こちらを見ているようです 落ち込んでいても始まりません 元気を出さないと・・・ 水ぶきがまっています

お碗作り

ほんの1週間ほど前までは 暑くて冷房なしでは とても暮らしていけない生活だったのに ここのところ 急に 風が秋めいてきて 肌寒さを感じるように なってきました さわさわと葉を揺らしながら ろくろ場にも 涼やかな 秋風が 入り込んでいます 爽やかな風を感じながら 今日も 夫は 轆轤に向かう日々です 両の手で ゆっくり 縮めたり 広げたりしながら 始まって・・ 今度は 木のヘラを使って のばしていきます 途中 随分省略ですが こうして ひとつのお碗が 出来あがっていきます 特上の陶石を使いますので このように 作る過程も 白さが 美しく 輝きます お祝いの席の テーブルに 飾られていた 小さな お花の束を 頂きました 青磁の花器に 入れてみたら ふふふ・・・ にぎやかな おしゃべりが きこえてくるようです・・・・

削り作業

日中は まだまだ 真夏の暑さだけど 夜 工房の網戸から 聴こえてくる 虫の音は 真夏のそれとは あきらかに違う 秋の虫の音に 変わってきているように思う その虫の音に 呼応するように 今日も 削りをいれる 轆轤の音が ぐるぐる 響いている 花瓶の底の 高台削り 出来るだけ 軽くなるよう ギリギリのところまで 削り込む きれいな 平面が 顔を出します 削りで おおよその 形が出来上がったら また きれいに 仕上げをしていきます お花は 何日も もたないけれど ちょっと 活けて 楽しみたいものです 大型の台風が 駆け抜けていきました どうぞ ご自愛下さいませ

最新記事
アーカイブ
    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.