November 30, 2016

今日は 寒さも和らぎ 穏やかな一日でした

今回 窯から上がった作品の点検が終わり

エッサ ホッサ 桐箱に入れ 包装して・・

お待ちいただいていましたお客様に

やっと 発送することが出来ました

ホッと 一息つきました

アッという間に この月も終わろうとしています

「一年が すごく 速く感じられるよね、

これって 年をとったせいかな~?」という話をしていると

知人が 「あのね 子供の時は 考えることが少ないけど

大人になって 家族や 仕事や 周りのお付き合いが 増えて

年々 それと共に 悩みや 心配事や 色々に 振り回されて

時が 目まぐるしく 過ぎ去っていく...

November 24, 2016

今朝 関東に住む お友達のエミちゃんが「初雪が降りました!」って 

薄っすら雪におおわれた 素敵なお庭の お写真を送っていただきました

寒さに震える エミちゃんには 悪いけど

ひと足早い きれいな雪景色に ちょっと うらやましく感じました

こちら九州も 今日は 北風が吹く ブルッ!と 寒い一日になりました

緊張の窯焚きが終わって 窯をあげるまでの数日を

桐箱の用意をしたり 包装紙やマットを準備して

窯の温度が下がるのを待ちます

メモ用紙に書き込んだ買い物をするために 近くのホームセンターへ

お店の前に 色とりどりの花の苗がいっぱい並べられています 

横...

November 20, 2016

只今 焼成中です!

 今の 窯の中の温度は 約1200度

厚い 扉からも 炎が出ています

 ここで 空気の調整をしていきます

外は 車の通りも少なくなって

静かな 夜です

ゴォ~ という 音だけが 夜のしじまに 響いています

 窯焚きは 明け方まで続きそうです

November 20, 2016

お山の木々が 緑や黄色や赤に 染まる頃

こちらは 本窯に向け 工房は

よっこら やっこら 窯を積んでいました

その様子を 皆さまも ご覧になってみますか?

 白磁と青磁なので 窯に入れる前に 窯の周りや中を

きれいに清掃します

窯の中は すべて 耐火煉瓦で出来ています

唯一 金属が入っているのは 火が出るバーナーぐちです

この部分から錆が出ないように このように丁寧に清掃していきます

この清掃は 絶対に夫がします

適当な掃除が許されないからです

1時間近くかけて 清掃です

それから やっと 窯積み開始です

口を まん丸ではなく少し 三角に変形させているカップ...

November 17, 2016

夕刻 車を走らせていたら

街路樹の木々も 少しずつ 秋の色に変わってきていることに気づきます

行楽の季節になって お客様も ちらほら お出でになっています

ここは おしゃべり大好きな私の出番です!

楽しい時間がアッという間です

工房では 夫が 本窯前の準備です

ポン ポン ポン ・・・

軽やかで リズミカルな音が 響いてきます

今日は ろくろではなく たたいて作る「たたきハマ」のご紹介です

ふふふ・・・

お月見のお団子ではありませんよ

陶土で作った まあるいお団子が 出来ています

そのお団子を しっかりした厚みのある板で

ポン ポン と 軽くたたいて 薄くま...

November 12, 2016

この町も ようよう色づき始めたようです

本日 工房は 釉薬の仕上げをしています

 流れた釉薬のあとを 一つ ひとつ 丁寧に 

でこぼこが無いように 平らにしていきます

とり残しがないように 目を凝らし 

削ぎ過ぎないよう 気をつけなければなりません

夫は 余念なく 仕上げに 一極集中!!

私は ちょっと 肩が凝りだしたところで ひと休み・・

先日 ご来店頂いた 北海道のHさんから 絵葉書が届きました

九州の旅は お楽しみいただいたようです

お庭に咲いたお花でしょうか

お花がいっぱいの素敵な絵葉書に Hさんご夫妻のやさしい笑顔を思い浮かべながら

ホッと 癒さ...

November 8, 2016

ずっと秋晴れのお天気が続いていましたが

今日は 朝からしとしと と 静かな雨が降っています

工房では 朝から 冷たい釉薬掛けの作業が 行われています

素焼きから上がった作品に 釉薬をくぐらせて

うっすらと 薄化粧をしてあげます

  こちらは 長年にわたってお世話になっています 

K先生の特注品 大切な記念のお茶杯です

一つ ひとつ 心をこめ 制作しています 

きれいにお化粧をして ずらりと棚板に並んでいます

冬の冷たい釉薬掛けの作業は 大変です

 明日から 一段と冷え込みそうです

夫の 本窯前の緊張した日々が続きます

 HPを新設して以来 こちらで 「佳秀...

November 5, 2016

今日も すこ~んと 透き通った

爽やかな 秋空が広がりました

本日は 素焼きの日です

素焼きの窯積みは どんどん 作品を重ねて積んでいくので

本窯ほど 時間がかからずにすみます

今日は 私は用事でかけたので 夫が一人で窯を積みました

帰宅した時は すでに 窯に火が付いておりました

窯を焚きながら 夫は 本窯に作品を積むときに使う ハマを

どんどん作って 外に干していきます

このハマも 窯に入れた時に 作品と収縮が同じになるように 

特上の土で ろくろで 一つ ひとつ 作っていきます

これから 本窯に向けて まだまだ 忙しい日々が続きそうです

今日は 町の文...

Please reload

最新記事

October 20, 2019

July 28, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.