October 28, 2018

今日は 秋晴れの 暖かな一日になりました

近くの川の 飛び石の上には 珍しいお客様も お見えのようです

さて 工房では 先日ご紹介した 蓋の 削りが 続いています

よろしかったら 私と一緒に ご覧になりませんか?

先ず 十分に乾燥した 帽子のような 削りの前の蓋が

細長い削り台の上に ちょこんと 座ります

高台の部分を少し削ってから 

 

このように 高台の幅を計り 

高さを決めてから 削り始めます

薄く 軽く ぎりぎりまで 削り込むため

かなりの量の 削り粉が 舞いながら 足元に 下りていきます

途中 指先で その薄さを確認しながら

薄く 薄く 削っていき...

October 20, 2018

今日も 気持ちの良い 秋晴れとなりました

日中外に出ると 少し 汗ばむような陽気です

さて 工房をのぞくと ろくろは フル活動で

頑張っています

今日は 何ができているのでしょう

両の手で 少し 形作った後は

木のヘラが登場です

一つ ひとつの作品の出来上がりの 角度に合わせた 木のヘラを使います

 一つ ひとつの 煎茶の身に

どの蓋も 合うようにするには

長年かかって 積み上げられた 技術が大切になります

竹で作った トンボを のせては 広げ

繰り返しながら 定まった直径に 近づけていきます

出来あがったところで 紐で

クルッ と まわして 

やっと ひとつ...

October 13, 2018

木々の実も 日に日に 色づき始めました

工房の窓から 美味しそうな柿の実が見えています

さて お碗の作りが 終わって

乾燥した後 今度は 削りに入ります

お碗のふちを 丁寧に 出来るだけ 薄く 削り込みます

反った ふちなので 削りは 慎重です

一つ ひとつ トンボと呼んでいる 竹で

直径を計って 揃えていきます

それから お碗の内側を 薄く 削り込むのです

このお碗は 蓋が付いています

このように ひとつずつ 蓋をのせて

ずれないように きちんと あわせていきます

すこし ずれがあると

きちんとあうまで 何度も 繰り返し

調整をしていきます

このように 一つ...

Please reload

最新記事

October 20, 2019

July 28, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.