November 28, 2018

昨日 やっと 本窯が入りました

今度の窯は 数が多かったこともあり

時間と 手間が 思っていた以上に かかってしまいました

ご注文頂きました 関東にお住いの K先生には 急ぎ 

お約束の月末に 間に合わなく 月初めになることを お詫びと共に

ご連絡を入れさせていただくことになりました

K先生 いつもながら 事情をご理解いただいて 快く了解していただきました

いうもながら ありがたく 感謝でいっぱいです

釉薬をかけ終わったあとに 表面に釉薬の流れた跡を

一つ ひとつ 丁寧に

きれいに仕上げていきます

作品が きれいに 焼き上がってくるように かかせない作業...

November 23, 2018

朝晩随分 冷え込んできました

工房も足元が冷たくて ストーブを焚きながらの作業が続いています

今日は 先日作った はまが乾燥し 削りの様子をのぞいてみます

乾燥を終えた はまは このように 足の部分を 削り落していきます

窯の中で はまにのせる 作品が ゆがまないように

作品と同じ 特上の陶土で 制作します

真っ白で きれいな はまが 仕上がっていきます

はしっこまで きれいに 削り落されて

高台が 窯の中で 平行に 安定するように

平らに 平らに 削られていきます

こうして 一枚 一枚 仕上がっていきます

スルスルと スピードアップされて 出来あがって...

November 21, 2018

今夜は久しぶりの雨が降っています

これから ひと雨ごとに 秋が深まり

冬に向かって行くのでしょう

信じられない速さで 時が流れていくようです

本窯が 近づいた工房は 今日も 大忙しです

ハマを 作って 乾燥を進めている間に

先日入れた 素焼き 扉を開けて 

作品を 棚から おろしていきます

素焼きは このように 重ねて 焼きますが

中には 600個以上の 作品が 積まれています

棚からおろした 作品は こうして

ひとつ ひとつ さらしで 丁寧に 拭きます

本来は 私の仕事ですが 今回の作品は 数が多いので

夫も 水拭きに かかります

 こうして 表面のざらつき...

November 17, 2018

作りが終わった工房は バタバタと 窯入れの準備が 進んでいます

先ずは 焼成の第一弾 素焼きが入りました

本窯に入れる前に 低温で焼成する 素焼きです

素焼きが終わって これからが もうひと踏ん張りの仕事が 残っていますが

素焼き焼成が無事に終わって 煙突さんも ホッと ひと息

秋空にむかって グッ~ンと 背伸びをしています

夫の方は 背伸びをする間もなく 次は はま作りです

本窯に入れるときに この はま の上に 作品をのせて 焼成します

作品がゆがまないように 作品と同じ 収縮率の 特上の陶石を使って 

はまを作ります

かわいい きのこのような 形...

November 6, 2018

今日も 天高く 秋晴れの 気持ちの良い朝を 迎えました

皆様の お近くでも 紅葉の見ごろを お迎えになっていらっしゃる頃ではないでしょうか?

こちらは 有田の竜門峡の紅葉です

太陽の光を浴びて より鮮やかな色をなしています

この町では おくんちを迎えるころには 秋の味覚 栗をいっぱい入れて

お赤飯を炊いて祝う風習があります

手間がかかり 忙しさにかまけて 私は なかなか 自分では作れなくて

毎年 本家の義姉が 「今日は 休みだったから作ったよ」と 持って来てくれます

生前義母が 「M子さん(義姉)に 作り方を教えているから いつか時間が出来た時に

教...

Please reload

最新記事

October 20, 2019

July 28, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

    〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
    © 2016 kashugama.  All Rights Reserved.