白磁のお飯碗

さすがに10月も末になると 朝夕に肌寒さを感じるようになりました

それでも 昼間お天気の日は ぽかぽかの 小春日和です

先日北海道のさんご夫妻が 福岡からレンタカーで お見えになられて

 「車の中は 冷房をいれてきましたよ」と 九州の暖かさに 驚いておられました

Hさんご夫妻は 以前に個展でお知り合いになって以来のお客さまで

 有田へは 5年ぶりの来訪です

「毎日 手になじんで 美味しく頂いていた お茶碗を

お父さんが洗ってくれたのはいいけど スルッと すべらしてしまって・・・」と

残念そうに言われ 

「それで お父さんが買ってくれることになり・・」と

うれしそうです 

そばで ご主人がやさしそうに 微笑まれています

いずこも 家庭の中の立ち位置は 似たようなもので・・ふふふ・・

いくつも手にとってみられ 一番手にしっくりときた

彫入りの 白磁のお茶碗を求められました

真っ白い器に ほっか ほっかの 北海道の新米が盛られるのでしょう

 お茶碗は Hさんご夫妻と 嬉しそうに 北国へと 旅立ちました

北海道の気候や お花や 焼き物のことなど

 久しぶりに おしゃべりができて 楽しいひと時でした

Hさんご夫妻は お花が大好きで これまで街中に住んでいらしたのに

家の周りをお花で囲みたいと 最近お住まいを地方に移られたとか・・

冬雪の下で 種を温め 春になると 一斉に 咲き始めるのだと

寒冷地でのお花は 雪で覆われ 長く地中で温めただけに 美しいといわれます

来春の お花に囲まれたお写真が 楽しみです・・・

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
© 2016 kashugama.  All Rights Reserved.