本窯が入りました!

昨日 やっと 本窯が入りました

今度の窯は 数が多かったこともあり

時間と 手間が 思っていた以上に かかってしまいました

ご注文頂きました 関東にお住いの K先生には 急ぎ 

お約束の月末に 間に合わなく 月初めになることを お詫びと共に

ご連絡を入れさせていただくことになりました

K先生 いつもながら 事情をご理解いただいて 快く了解していただきました

いうもながら ありがたく 感謝でいっぱいです

釉薬をかけ終わったあとに 表面に釉薬の流れた跡を

一つ ひとつ 丁寧に

きれいに仕上げていきます

作品が きれいに 焼き上がってくるように かかせない作業です

本窯の 一日前 早朝から 積み始めた 窯積み

作品どうし 着かないように ゆっくり 慎重に 棚の高さを考えながら

積み上げていきます

先日 作った はまの上に 作品を置いて 棚にのせていきます

緊張の窯積みですが もう少し もう少し ・・・

心の中で 自分に言い聞かせながら 頑張って 夫と二人

積み上げていきます

「ごくろうさん!」という 夫のねぎらいの言葉をもらって

厚い 窯の扉が閉じられたのは 夕暮れ時でした

翌日の早朝に 窯に火が入り その厚い扉からは

窯の中から 激しい炎が 吹き出しています

煙突につながるダンパー 上に置いたレンガを 少しずつ 動かして

窯の中に入れる 酸素の量を 調整しています

手造りの窯だけに 数カ月に一度しか 入らない窯なのですが

火がとまるまで 丸一日近く 緊張の窯の焼成が 続きます

ゴォ~ッ!! という音が 鳴り響く 窯場を出て

外の ひんやり 心地よい 夜風にあたって

空を見上げたら・・・

夜空に ぽっかり お月さまが出ていて

この窯を 見守ってくれているようでした

最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
〒844-0017  佐賀県西松浦郡有田町戸杓丙761-3  TEL/FAX 0955-42-3493
© 2016 kashugama.  All Rights Reserved.