白磁と青磁

求め続けた造形と温かさ

透明感とあたたかさ

 

上質の陶石を使った磁器の透き通るような磁肌

その磁肌は 光に透けて 美しさを放ちます

凛とした たたずまいと

手作りならではの 温もりや しなやかさをあわせもっています

その白磁と青磁をお楽しみください

 

 

 

 

シンプルゆえのごまかしのない造り

 

なにもない シンプルゆえのごまかしのきかない造形

いつまでも飽きの来ない 心を癒してくれる存在です

 

 

 

 

 

無限の想像の世界

 

白磁・青磁 は

みる人 使う人によって 自由な発想が生まれ

何もないところに 無限の想像の世界が広がるのです

 

 

白磁と青磁に魅せられ45年

白磁と青磁に魅了され、それだけを作り続けて、いつの間にか45年が経っていました。

白磁も青磁もシンプルで造形だけで表現する世界ですが、それゆえかそこには、面白さ、作る喜び、続ければ続けるほど惹かれる魅力がありました。その魅力や喜びがあったからこそ、苦しいとき、つらいときを乗り越え続けてこられたようにも思います。

また、作品を通して全国各地、最近では海外にお住まいの方々など、多くの方々との出会いがありました。折に触れ、あたたかなお励ましの言葉やご協力をいただいて支えていただいております。そのことは、これまで作陶を曲りなりに続けてこられた大きな力となっています。

ありがたくかけがえのないご縁に恵まれ感謝の気持ちでいっぱいになります。

「いつも使っていますよ」「ホッとします」「穏やかな気持ちにさせてくれます」そんな言葉を皆様からいただきます時は、何より喜びを感じます。それは「また良いものを作って喜んでもらいたい」という活力にもつながっています。

これからも暮らしの中で、皆様が笑顔や安らぎや幸せを感じていただけるような温もりある作品を作り続けていきたいと思っております。

 

日本工芸会正会員

佳秀窯 西山 正

 

お知らせ

白磁鎬文ボウルに春菊のナムルを・・

昨日 友人のM子さんが  「庭の家庭菜園 […]

秋の有田陶磁器まつりが開催されます

秋も深まり 紅葉の美しい季節になって参り […]